引っ越し 雨の日

MENU

引っ越し当日が雨になってしまったら…?

引っ越し当日の天気が快晴であることに越したことはありませんが、あいにくの雨ということは当然考えられます。

 

特に梅雨の時期ともなれば自分が引っ越す日に雨が降らないか心配になりますよね。

 

ただ、当日になって雨でどうしよう…となるよりも、事前に雨の日にどうするべきかを知っておく方が慌てなくて済みます。

 

まず、引っ越し業者の雨の日の対応についてですが、台風などがない限りは基本的に引っ越しを行います。

 

大手業者の対応

アート引越センター

雨天の場合、できるだけご家財が濡れないように配慮し作業させていただきます。ただし台風などで安全に作業ができないと判断した場合はお客さまと相談のうえ、段取り等の再打合せをさせていただきます。

サカイ引越センター
当社でもお客様のお荷物が濡れないように、しっかり梱包し、ご新居にお運びする際にも細心の注意を払って、搬入することを心がけています。最近は梅雨時期でなくてもゲリラ豪雨と呼ばれるような突発的な大雨に見舞われることがありますので、お見積を取る際に、各引越会社が雨の時にどのような梱包をして、大切な家具や家電製品を運んでくれるのかを確認することも引越会社を選ぶ際の条件にしてもいいのではないでしょうか。

アリさんマークの引越社
多少の雨であればほとんど問題なく作業できます。
大雨の場合でも、お客様の引越日程を最優先させていただきますのでご安心下さい。
また作業開始前であれば、天候による日時の変更も無料で可能です。担当の営業所とご相談下さい。

アリさんマークの引越社に関しては雨の日に荷物をどうするかといった記述がありませんが、アート引越センターとサカイ引越センターに関しては荷物を濡れないように梱包して対応とのこと。

 

雨が多い梅雨の時期であれば、事前に雨の日の対応はどうなるかを確認しておくと当日トラブルになるといった事態を防ぐことができるでしょう。

 

雨の日にトラブルにならないために事前に確認したいことや荷物を濡らさないために気をつけたいことなどを知りたい方は下記記事で詳しく解説されています。

雨の日に引っ越ししたくない…急なキャンセルは可能?

いざ引っ越しをしようとしたら雨。そんな日に引越したくないと思い、日を改めたいと申し出た。

 

もし、そんなことがあった場合、手数料などは掛かるのでしょうか。

 

先ほど紹介したように、台風など明らかに引っ越しができる状態ではないと判断された場合、引っ越し業者と相談して日程を変更するといったことは考えられますが、ただ雨が降っているからというのは自己都合と判断されると見て間違いないでしょう。

 

そういった場合、引っ越し業者はキャンセル料を請求する権利を持っています(延期の場合もキャンセル扱いとなります)。

 

国土交通省が定める「標準引越運送約款」の第二十一条にもしっかり定められており、見積書に記載した受取日の前日に解約か延期が出た場合、見積もりに記載した運賃の10%以内、当日の場合は見積もりに記載した運賃の20%以内を請求することができます。

 

そのため、よほどのことがない限り、雨が降ったからといって日程の変更はすべきではありません。

 

とくに引っ越し繁忙期である2〜4月にかけては別日で予約を取り直すことができる保証はないので、オススメできません。

 

やむを得ない事情でキャンセルする場合は、上記の取り決めに従えば2日前まではキャンセル料が発生しないので、必ずそれまでに行うようにしましょう。

 

ただし、事前に渡されている梱包資材などは返却もしくは購入しなければならないので、注意しましょう。

 

今すぐ引っ越し見積もりを取るならこちら

雨の日の引っ越しで気にしたい荷物の対策

ここまで紹介したように、引っ越しというのは、雨が降ったからという理由で中止にすることは難しいものです。

 

そのため、事前に雨が降った時のことも考慮して対策をしておくのが一番です。

 

特に家電製品やソファーなどの革製品は水に弱いものなので、濡れないためにも可能な限り濡れないように梱包しておくと安心です。

 

引っ越し業者に荷造りを依頼している場合は対応してくれますが、自分で荷造りをする場合は特に気をつかいましょう。

 

搬送先で荷物が濡れていたとしても、自分で荷造りする以上は自己責任です。

 

水漏れが故障につながる家電製品、濡れてしまうとシミになってしまう家具は防水シートやビニール袋で包んでおくようにしましょう。

 

また、ダンボールは湿気に弱いものです。雨に濡れると強度が落ちてしまうので、長時間輸送するとダンボールが破れて中の荷物が散乱するというトラブルが発生する可能性があります。

 

そういったことにならないためにも、ダンボールの強度を保つためにダンボール自体にビニールをかぶせるといった対策も必要です。

 

雨の日の引っ越しというのは、新居への荷物の搬入が終わっても安心することはできません。

 

ダンボールは湿気を吸っていますから、荷物を長時間放置しているとカビが生える可能性があるので、荷解きは早めに済ませることをオススメします。

 

今すぐ引っ越し見積もりを取るならこちら