引っ越し 見積もり

MENU

安く引っ越したいなら最大10社から最安見積もりを狙う!

 

このページを見ているアナタは引っ越しが決まったんですね。

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

  • 家族で引越し?
  • 単身で引越し?
  • 夫婦2人?
  • 子供のひとり暮らし?

引っ越しといってもいろんな事情の引っ越しがあるものです。

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

 

これだけはどんな引っ越しでも共通して言える話です。

  • 退去するアパート・マンションの清掃費用とか・・・
  • 入居先が賃貸なら、敷金礼金に2カ月分の家賃先払いとか・・・
  • 車を持っていれば駐車場の契約金とか・・・
  • 入居先の家具に家電・・・
  • 固定電話の開通・・・
  • インターネットの開通・・・

挙げだすとキリがありませんね。
そこに、引越し業者の費用がプラスされるんですから、出来る限り安く抑えたいものです。

 

引っ越し費用を安く抑えるには?

とにかく必須なのが、複数の引っ越し業者から見積もりをとって比較すること!
近所の運送屋さんが引っ越しもやってたから電話してお願いしちゃおーとか
CMでやってるあの業者なら安心だから有名なフリーダイヤルで依頼しよーとか

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

 

今や引越し代金を安く済ませる常套手段はネットで一括見積もりに申し込むことです!
複数の業者から見積もりをとって比較し、値引き交渉をすること!これが大事!

 

引っ越し業者は、一括見積もり経由でくる依頼は、複数業者と競合なのが分かっているので、最初からある程度安め設定で見積もりを出してきます。
ウソだと思うなら試してみて下さい。
一括見積もりで見積もりを出してきた業者に、別口で電話して同条件下で見積もりを出してもらえば分かります。

 

「オッケー!一括見積もりで一番安く出してきた業者に申し込むわ!」

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

 

その最安値は本当の最安値じゃありません!
ここからが勝負の分かれ道ですよ!

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

 

「えー、そういうの苦手だしできないよ・・・」

 

安心して下さい。超簡単です。
見積もりが高かった業者に断りの電話を入れるだけです。

 

「他に安いところがあるんでお断りしますー」

 

これだけです。簡単でしょ?

 

断りを入れた業者はかならず食い下がってきます。
そして、更に安い価格を提示してきますので、この流れで出てきた価格が最安値に近くなるでしょう。

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

  1. 一括見積もりに申し込む

  2. 複数の業者から見積もりが来る

  3. 高かった業者に断りを入れる

  4. 再見積もり

  5. 最初に一番安かった業者に断りを入れる

  6. 再見積もり

納得する価格が出るまで繰り返せば、50%以上安くなることも夢ではありませんよ!

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

200社以上の引っ越し業者が登録している引越し価格ガイドでは、最大10社に一括で見積もりを依頼することができます。

 

紹介実績件数業界トップは人気の証。

 

キャッシュバックなどのキャンペーンを随時行っていて、サービスも充実しています。

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

赤帽が登録している唯一の一括見積もりサービスがHOME’S。

 

学生さんや単身赴任などの単身で引っ越し予定がある方は、ぜひ利用していただきたい。

 

もちろん130社が登録しているので複数社に一括見積もりの依頼をすることができます。

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

全国220社が登録し年間30万人が利用している、日本最大級の一括見積もりサービスのズバット。

 

最大10社に一括見積もりを依頼できるから、費用、内容ともに満足度が高く、「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば、面倒な住所変更の手続きを一括でできる便利なサービスを無料で提供しています。

 

引っ越し見積もりは一括で依頼【無料の引越し業者比較】

引っ越しを縁起のいい日にしたいなら

縁起がよいかどうかということを最近はあまり気にしないという人が増えてきていますが、やはり年齢を重ねた人は気にしていることでしょう。

 

引っ越しであれば「引越しの日取り」に対して縁起があまりよくなければその日の引っ越しを避けるという考えもあるのではないでしょうか。

 

日本は古くより引っ越しをするのに良いタイミング、そして悪いタイミングがあると言われているそうです。引越しの日取りについてもそれを意識することが大切です。

 

月で言われるのが「正五九月」は避けるべきであると言われています。1月、5月、9月には引っ越しをしないほうがよいということなのです。

 

なぜ避けるべきなのかと言うと、忙しい時期と重なっているからというのが大きな理由となっているようです。1月はお正月、5月は田植え、そして9月は稲刈りです。

 

以前は引っ越しを自分たちだけで行うのではなく、隣や近所の人も一緒になって手伝いをしていたたために、周りの人たちが忙しい時期に引っ越しなどという大きな行事を行うことは避けるべきであるとされていたのです。

 

また、避けるべきタイミングですが1月、5月、9月の「仏滅」「赤口」だと言われています。

 

引っ越しをするべきタイミングや避けるべきタイミングがあるとはいえ、仕事の都合なども考えて良いタイミングに引っ越しをしようとしても、難しい場合があります。

 

縁起を意識してしまうばかりに、決断を先延ばしにしてしまうと引っ越し業者の予約を取ることもできなくなってしまうでしょう。

 

ですから少々は割り切るということが大切になります。また、雨の日の引っ越しというのは「幸せが降りこむ」と言われており、縁起がよいものだそうです。

 

大安吉日や吉凶方位など、縁起や風水を気にされる方は、【引越し大全】引っ越し業者の見積もり相場は一括比較で分かる!で今年と来年の情報が掲載されているので、引っ越し前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

引越しの日に雨が降ってしまったときのアート引越しセンターの対応は?

引っ越しの当日、天気が雨というのは引っ越し業者にとっても、そして業者を利用する側としても嫌な思いをしてしまうものです。

 

体が濡れてしまうというだけではなく、大切な荷物が濡れてしまう危険が高くなってしまうだけではなく、雨が原因で道路が渋滞してしまい、予定が遅れてしまうという可能性も考えられるのです。

 

当日が雨ならば別の晴れた日に引っ越しを変更したいと思う人もいるでしょう。ところが引っ越し業者は原則雨天決行になります。

 

引越しの当日に雨が降ったとしても、延期やキャンセルはできないそうです。言い方を買えれば「引っ越し業者側からはできない」ということになるようです。

 

理由は地震や津波、洪水や暴風雨、地滑りや山崩れなどその他の天災を除いて業者側からのキャンセルは「標準引越運送約款」で定められているからなのです。

 

もし、雨が理由で引っ越しの延期や中止をしたいというのであれば、利用する側の都合で引っ越しの延期や中止を申し出るということになるそうです。

 

この場合、引っ越し業者に対してキャンセル料が発生してしまうことになりますから引っ越し当日に雨が降ってしまった場合には我慢をして雨の中で引っ越し作業を行うか、キャンセル料を支払って延期か中止にするという選択になるのです。

 

大手の引っ越し会社として知られているアート引越センターでは、悪天候であっても作業員は一生懸命に運搬から養生までをきちんとこなすとして評判が良いそうです。短時間で満足できる引っ越しを行うことが出来たという意見も出ています。

 

また、引っ越しの当日の2日前までに延期などを申し出ることでキャンセル料は発生しないそうですから、週間天気予報などをチェックして天気の確認をしておくことが必要になります。

 

引越しの当日に雨。アリさんマークの引越社の対応

アリさんマークの引越社では、当日に雨が降った場合の作業はどうなるのかについて紹介をしています。

 

多少の雨ならば、問題なく作業ができるそうです。大雨であったとしても、お客さまの引っ越しの日程を最優先してくれるということだそうです。

 

それだけではなく、作業の開始前ならば天候が理由の日時の変更を無料で行うことができるそうですから、雨の降り方によっては担当の営業所と相談をしてみることができるようです。

 

また、アリさんマークの引越社では専門の梱包ツールを使って梱包をしますので安心できるとされています。お客さまの立場に立ち開発されたオリジナルの資材も多く用意しているということなのです。

 

ベッドマットカバーはオリジナルの資材になります。マットをまるごと包むことが出来るカバーが用意されているそうです。ですから雨の日であっても安心できるということなのです。

 

そして桐タンスの扱いは細心の注意が必要になるものです。「プチプチ」が付いた梱包資材を使って優しく梱包を行うということです。

 

そして布団袋ですが、不繊布でできているものを使用します。通気性がよいもので、引っ越しの後の保管にも利用することができるようになっています。

 

家具ぱっとは、大きな腹巻きのようなものと考えてよいそうです。家財にすっぽりとかぶせて、その上からベルトで縛るようになっています。

 

また、建物の内部の保護は「養生ツール」というものを使用します。家財や建物を保護剤でカバーをすることを養生と言うそうですが、大切に保護をしてくれるので、安心できるのではないでしょうか。