高血圧を改善したい人の間で、ダッシュ食という食事が注目されています。 では、ダッシュ食とは、どういった食事なのでしょうか? ダッシュ食は、栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)にこだわらずに食品の組み合わせで血圧(収縮期血圧・最高血圧と拡張期血圧・最低血圧を測定することで、健康状態を検査します)を安定させるという食事です。 ダッシュ食の特色として、次の二つが挙げられます。 ・カルシウム、マグネシウム(過?に摂り過ぎると下痢になってしまうこともあるでしょう)、カリウム、食物繊維を多めに摂取する ・飽和脂肪酸やコレステロールを含む食べ物を控える こういったことを意識(高く持たないと成長できないといわれています)した食事をする事によって、高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)を改善する事が出来ます。 この食事を実践すると、血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)を上げてしまう肉を控えて、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)をかず多く食べるということになります。 ただし、ダッシュ食はあくまでも血圧が高い人や高血圧を予防したい人向けの食事メニュー(飲食店ではメニュー表のデザインにもセンスが現れますね)です。 糖尿病などの疾患を抱えている人がダッシュ食にしてしまうと、体に悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)を及ぼしてしまうので気をつけてください。 何かしらの疾患を抱えている方なんだったら、ダッシュ食ではなく担当医の指示に従って食事メニュー(飲食店ではメニュー表のデザインにもセンスが現れますね)を組み立てる必要がありますー