引っ越し 書類

MENU

引っ越し前に済ませておきたい書類手続きとは?

実際に引越しする前に提出しておきたい引越しに必要な書類は、市区役所等の公的機関で必要な手続きは以下の通り。

 

1.転出届
これは転居する2週間前から受付をしています。

 

2.国民年金と国民健康保険の住所変更届
会社員の場合は、通常勤務先で健康保険や年金に加入しているので個人での手続きは必要ありません。

 

3.お子さんの転校に関する手続きも必要
流れとしては、通学している学校から、「転校確認書」を交付してもらい、市区役所に転校確認書を提出して、転出届の手続きが必要となります。
そして、忘れがちなのが、マイナンバーの登録変更手続きです。
マイナンバーの通知カードを見てみると、住所が記載されているのが分かります。
この住所を変更する手続きが必要なので、転出届を提出する際にマイナンバー通知カード又は個人番号カードを持参して住所変更書類を提出しましょう。

 

次に、インフラ関連としては、電気、ガス、水道、電話、NHKなどに、住所変更書類を提出します。それぞれが別会社なので、当然手続きの流れも違うので、各会社に問い合わせてをして手続きを行います。そして、忘れてはいけないのが、郵便局への転居届です。

 

これは絶対忘れてはいけませんね。この書類を提出しておけば、1年間は郵便物を新住所へ転送してもらえます。
つまり、提出しないと郵便物が届かないケースもでてくるので、忘れずに提出しましょう。

 

引っ越し後の書類手続きにはどんな書類があるの?

引越し後に必要な引越しに必要な書類として、市区役所関連では、

 

1.転入届
転入後14日以内に提出しなければなりません。
提出の際は、転出する際に発行してもらった転出証明書、印鑑、身分証明書等が必要となります。
これらの必要書類は各市区役所で多少異なるようなので、事前に市区役所に問い合わせておいた方がよいでしょう。

 

2.住民票の住所変更届も必要
転出証明書と本人確認が可能な身分証明書を持参して届け出をします。
また、引っ越し先が同一市区役所でない場合には、

 

3.印鑑証明の住所変更書類も提出しておきましょう。
市役所関連以外の手続きとしては、運転免許証の住所変更届も速やかにすませておいた方が無難です。
届け出をしなくても免許の効力は失効しませんが、何らかのトラブルで更新手続きの案内が届かないことも想定して、手続きを済ませておいた方が良いでしょう。
他にも、クレジットカード会社、銀行等への住所変更書類も速やかに提出していきます。

 

郵便局に転居届を提出してあれば、旧住所宛てに届いている郵便物が新住所に届くので、それらを見て住所変更届を提出します。
そして、意外と面倒な手続きとして、インターネットで取引しているプロバイダー会社への住所変更届があります。手続きそのものが面倒というより、新しく居住する住宅のネット環境によってはプランの変更等も余儀なくされるケースもあるようです。

 

なので、プロバイダー等の住所変更手続きに際しては、引っ越し前に新住宅のネット環境を調べておいた方が良いかもしれませんね。

 

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?

200社以上の引っ越し業者が登録している引越し価格ガイドでは、最大10社に一括で見積もりを依頼することができます。 紹介実績件数業界トップは人気の証。 キャッシュバックなどのキャンペーンを随時行っていて、サービスも充実しています。

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?

赤帽が登録している唯一の一括見積もりサービスがLIFULL引越し。 学生さんや単身赴任などの単身で引っ越し予定がある方は、ぜひ利用していただきたい。 もちろん130社が登録しているので複数社に一括見積もりの依頼をすることができます。

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?

全国220社が登録し年間30万人が利用している、日本最大級の一括見積もりサービスのズバット。 最大10社に一括見積もりを依頼できるから、費用、内容ともに満足度が高く、「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば、面倒な住所変更の手続きを一括でできる便利なサービスを無料で提供しています。

引っ越しに必要な書類、引っ越し前と引っ越し後に何があるの?