引っ越し 荷造り 家族

MENU

引っ越し荷造りでこの時だからできる重要なこと

引っ越しの荷造りは、どこから手をつけたらいいかわからなくなってしまいます。
どこから始めてもいいのですが、まず普段使わないものから整理をしていきます。

 

最初に始めるのは、書類関係です。
ダイレクトメールやお知らせなど、届いたときには必要だと思って残しておいてもいらなくなっているものが多くあります。
この部分から見ていきます。

 

有効期限があるクーポンや、ダイレクトメールをどんどん処分していきます。
意外にたまっているもので、引っ越し先で必要ないものは思い切って処分します。

 

子供がいる場合は、学校関係のものや役所関係の書類もたくさんあります。
書類が終わったら、気持ちが軽くなってきます。次に洋服関係を処分します。

 

サイズアウトの子供服はもちろん、大人も着ない洋服がたくさんあります。着ることはなくても処分できない思い出のある洋服は、1箱分だけ段ボールに残しておきます。
処分した後で後悔しないためです。

 

洋服の中でも手放しにくいものは写真を撮っておくと、気持ちよく処分できます。
数年着ていないもの、サイズが合わないもの、汚れがあるものなどどんどん処分します。

 

そして、引っ越しではダンスごと運んでもらえるので、タンスの中を使いやすいように入れ替えておきます。
この時点で、入れ替えを完了していると、引っ越しのときに整理する必要がなくなるので便利です。

 

引っ越し荷造りは引っ越し先のレイアウトを考えて行う

引っ越しの荷造りの前に、引っ越し先のレイアウトを考えます。どこに入れるか、どんなふうに飾るのかイメージを膨らませます。
細かなものは、100円ショップに売っているようなカゴに入れて整理していきます。

 

引っ越し先では、段ボールからカゴごと出して、そのまま飾ったり収納したりするためです。
見た目もすっきりとし、引っ越しの荷造りでなくしものをしないためでもあります。

 

子どもが多い家庭では、子どもによってカゴの色を分けておき、整理しておくと便利です。
ある程度、こまごましたものがわけることができたら、段ボールにそのまま詰めていきます。

 

段ボールは、箱いっぱいに入れる必要はありません。荷物は部屋ごとに分けて段ボールに入れていき、段ボールに印をしておきます。
引っ越し直前まで使うものは、最後まで荷造りしないで出しておきます。そして、引っ越し後すぐに使うものは、一まとめて段ボールに入れておきます。

 

荷造りを大きいものから始めると、置き場に困ります。そのため、小さなものから始めていきます。部屋に余裕があれば、一部屋荷造りしたものを集めておく場所を作っておきます。
荷造りのポイントは、引っ越し先で片付けしやすいことです。余計なものは先に処分してしまうことで、かなり楽になります。
引っ越し業者に不要品の処分もお願いできるところがあるので、事前に確認しておくと便利です。

 

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り

200社以上の引っ越し業者が登録している引越し価格ガイドでは、最大10社に一括で見積もりを依頼することができます。 紹介実績件数業界トップは人気の証。 キャッシュバックなどのキャンペーンを随時行っていて、サービスも充実しています。

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り

赤帽が登録している唯一の一括見積もりサービスがLIFULL引越し。 学生さんや単身赴任などの単身で引っ越し予定がある方は、ぜひ利用していただきたい。 もちろん130社が登録しているので複数社に一括見積もりの依頼をすることができます。

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り

全国220社が登録し年間30万人が利用している、日本最大級の一括見積もりサービスのズバット。 最大10社に一括見積もりを依頼できるから、費用、内容ともに満足度が高く、「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば、面倒な住所変更の手続きを一括でできる便利なサービスを無料で提供しています。

家族や荷物が多くても簡単にできる引っ越し荷造り