引っ越し 家具 配置

MENU

引っ越し後は家具やインテリアなどの配置に手間取る

引っ越しをした後は普通の生活に戻るまで少々時間がかかります。というのも荷解きをしなくてはいけませんし、家の形が違うので、引っ越し前の家と同じように荷物を置くことが出来ません。

 

服はどこにしまうか、冷蔵庫やタンスはどこに置くかなど考えないといけないのです。また冷蔵庫やタンスを配置しても、位置がしっくりと来なかったりとあーでもないこーでもないと何度も動かすハメになってしまいます。

 

一つを動かすと他のものがしっくり来なくなり、これだという位置になるまで一週間ぐらいかかりました。荷解きはすぐに必要な分だけ解き、後で整理しても問題ないものはとりあえず後回しにしていました。

 

落ち着いた環境を作り出すことがゆっくりと過ごすためには必要なので、引っ越してから最初の数週間ほどは配置にこだわっていました。

 

それ以後から残っている荷物を荷解きし始めたのですが、過ごしていくうちに配置が気になったりして、何度か動かしていて、今でももっと他に良い配置があるのではと思うこともしばしあります。

 

引越しの日に雨であれば、家電の取り扱いには注意が必要

雨の引っ越し作業で大変なのが荷物の運搬になります。家具や家電を雨で濡らさないように工夫をしなければならないのです。

 

特に家電の場合、濡らしてしまったら故障につながるため、業者側も気を使ってくれるようです。家電は毛布などを使ってガードしながら運搬作業を行います。ですから少しの雨ならばしのげるのではないでしょうか。

 

ただ、家電にばかり気を使ってしまうのはいけません。忘れてはならないのが「濡れると困るのは家具や家電だけではない」ということです。布団類は濡れてしまうととても大変な状況になってしまいます。

 

引っ越し業者によりますが、布団などの梱包は専用の布団袋をくれるそうです。これは一般的であると言われています。

 

この布団袋は通気性が良い、しかも丈夫なものになっていますので布団や毛布、そして枕などを入れて紐でしっかりとしばることで完成します。

 

後は引っ越し業者にお願いをして引っ越し先に持って行き、布団袋を開けばそのまま寝ることが出来るというものなのです。

 

もし天気が雨の場合には、ビニール製の物に布団をきちんとしまっておくことが大切になります。

 

布団類が雨に濡れてしまうと、寝ることができなくなってしまいます。布団というのは少し濡れてしまっただけでも湿気っぽくなってしまい、寝ることができない状態になってしまうのです。

 

もし雨の日が続く場合なら、布団を干すことができませんので新品の布団を購入するという人が実際にいるそうです。つまり、これは余分にお金がかかってしまうことになるのです。

 

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫

200社以上の引っ越し業者が登録している引越し価格ガイドでは、最大10社に一括で見積もりを依頼することができます。 紹介実績件数業界トップは人気の証。 キャッシュバックなどのキャンペーンを随時行っていて、サービスも充実しています。

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫

赤帽が登録している唯一の一括見積もりサービスがLIFULL引越し。 学生さんや単身赴任などの単身で引っ越し予定がある方は、ぜひ利用していただきたい。 もちろん130社が登録しているので複数社に一括見積もりの依頼をすることができます。

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫

全国220社が登録し年間30万人が利用している、日本最大級の一括見積もりサービスのズバット。 最大10社に一括見積もりを依頼できるから、費用、内容ともに満足度が高く、「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば、面倒な住所変更の手続きを一括でできる便利なサービスを無料で提供しています。

引っ越し後に家具やインテリアなどの配置に手間取らない工夫