引っ越し 準備

MENU

引っ越しの準備で一番忘れてはいけない転出届

引っ越しの準備の際は公的手続きを忘れずに!

引っ越しをする際には自分が現在住んでいる市区町村の役所に転出届、もしくは転居届を提出しないといけないのは皆さんご存知だと思います。
ちなみに転出届は、市区町村を移動する場合、転居届は同じ市区町村の中で移動する場合に提出するものです。
さて、実は引っ越しの際に処理をしないといけない公的書類はそれだけではありません。忘れずに手続きするようにしましょう。

 

一番大事な転出届・転居届について

やらないといけないことはそれなりにありますが、手続き自体はそこまでかかるものではありません。
返納するものは転出届と同時に、住所変更をするものも転居届を提出する日に役所で手続きするようにしましょう。
なお、すべての人がすべての書類に該当するわけではなく、皆さんに共通しているのは、転出届、転居届だけです。

 

引っ越し予定日の14日以内に手続きをすることが可能です。
転居届は提出するだけです。転出届の場合は、マイナンバーの個人番号カードを持っていない場合、転出証明書が発行されますので、新住所の役所で転入届を提出する時に一緒に提出しましょう。一方で、マイナンバーの個人番号カードを持っている場合は転出証明書が発行されないので、なくす可能性のある書類が一種類減るので便利ですね。

 

あくまでもマイナンバーは個人番号カードであり、通知カードではないので注意するようにしましょう。

 

その他に提出を忘れてはいけない公的書類について

人や家族の形態によって違いがある引っ越しの準備のときに必要な公的書類

引っ越しの際には転出届・転居届以外に必要な公的書類がありますが、それらの書類は人や家族の形態によって必要なものが異なってきますので、世帯としてどの書類が必要なのか、あらかじめ確認する必要があります。

 

具体的には国民健康保険、国民年金、印鑑登録の手続きです。

 

転居届の場合

自分が住んでいる市区町村が変わらない場合、手続き先は同じ役所のままですが、住所変更をする必要があります。
転居届を提出後、合わせて住所変更をするようにしましょう。
引っ越し前準備、ということで記載していますが、転居届は引っ越し前準備=引っ越し後準備のようなものなので、忘れずに住所変更を行いましょう。

 

転出届の場合

公的書類の管理において、住民が住んでいる市区町村が変わるというのは大きな意味合いを持ちます。
まず、国民健康保険は、資格喪失の手続きが必要です。引っ越しをしてから14日以内にすればいいので、厳密には引っ越し前にする必要はないのですが、転出届提出と同タイミングで行った方が効率的です。

 

国民年金は引っ越し前の手続きは必要はありません(引っ越し後は住所変更が必要です)。
印鑑登録は、同じ印鑑でも自治体ごとに管理されているものなので、登録削除の申請が必要です。一方で、登録削除は不要な自治体もあるなど、自治体の運用形態に依存しているので、確認が必要です。

 

マイナンバー・パスポート・免許証は引っ越し前の手続きはないの?

本人確認書類の代名詞であるマイナンバー・パスポート・免許証については、引っ越し後の手続きは必要ですが、引っ越し前の手続きは特に必要ありません。

 

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について

200社以上の引っ越し業者が登録している引越し価格ガイドでは、最大10社に一括で見積もりを依頼することができます。 紹介実績件数業界トップは人気の証。 キャッシュバックなどのキャンペーンを随時行っていて、サービスも充実しています。

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について

赤帽が登録している唯一の一括見積もりサービスがLIFULL引越し。 学生さんや単身赴任などの単身で引っ越し予定がある方は、ぜひ利用していただきたい。 もちろん130社が登録しているので複数社に一括見積もりの依頼をすることができます。

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について

全国220社が登録し年間30万人が利用している、日本最大級の一括見積もりサービスのズバット。 最大10社に一括見積もりを依頼できるから、費用、内容ともに満足度が高く、「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば、面倒な住所変更の手続きを一括でできる便利なサービスを無料で提供しています。

引っ越しの準備に必要に忘れてはいけない公的書類について