引っ越し チェックリスト

MENU

チェックリストを作成し、面倒なことから先に片づける

引っ越しをする場合、荷造りはもちろんですが、役所などの手続きなど他にもやらなければならないことは多いです。
そのため、効率よく作業を進めなければなりません。

 

引っ越しが1カ月以上先でも、休みの日や作業できる日を数えてみると自分が想像しているよりも少ないことが分かります。
当日に近づいてあれもこれもと作業することになってしまったら大変です。

 

そこで、チェックリストの活用です。

 

それぞれのスケジュールはもちろんですが、手続きや作業を忘れないためでもあります。

 

たとえば退去の連絡があります。
これを忘れると、二重家賃の発生につながります。

 

また、役所での転出転居届ほか、マイナンバーや年金などの各種手続き。

 

ほかには電気、ガス、水道、固定電話、ネット契約の変更手続きもあります。
これらは、携帯やPCからでも可能ですが、ガスなどは現在住んでいるところも引っ越し先も立ち会いが必要になってきますから、早めに行わなければなりません。

 

住所を登録しているものがあればその変更手続きも忘れてはいけません。
通信販売などであれば、旧住所のまま送られてしまい荷物が届かないということも考えられます。

 

郵便物も同様で、転送届けを出しましょう。
これは1年間新しい住所に転送してもらえるサービスなので、万が一住所変更を忘れたものがあってもそこで気付けますし、個人情報が他人に渡ってしまうことも防げます。

 

人によっては多くの手続きが必要です。
頭の中で整理するだけではやはり忘れることも出てきます。

 

チェックリストはそれを防げますし、この日にこれとあれを行ってなど、スケジュールも立てやすくなります。

 

荷造りや不用品処理、ゴミの日なども確認してスケジュールを立てる

手続きはもちろんですが、荷造りなどの引っ越し荷物の整理も重要です。

 

箱詰めしていけば、不用品も出てくるでしょうし、逆に新しく購入しなければならない物も分かります。

 

ここでもチェックリストを活用しましょう。

 

とくに重要なのはゴミ出しの日の確認です。

 

ゴミの種類によっては回収が月に1回とか、週に1回などもあると思います。
地域ごとにも違いますから、まずは確認しておきましょう。

 

そうすることで、ゴミの日から逆算して荷造りを行うことができます。

 

また、不用品の回収を依頼したり、リサイクルショップに買い取ってもらうなども余裕を持って進めましょう。

 

荷造りも効率よく行わなければ時間がいくらあっても足りない状況になります。
そのため、普段使わない物から箱詰めを行うなど、少しずつでも進めておいた方がいいです。

 

引っ越しをする場合、新しい住居でも役所に金融機関、免許証の住所変更など手続きはたくさんあります。
当日まででなく、新居での生活にも支障が出ないよう、チェックリストでさまざまな手続きの漏れを防いでいきましょう。

 

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに

200社以上の引っ越し業者が登録している引越し価格ガイドでは、最大10社に一括で見積もりを依頼することができます。 紹介実績件数業界トップは人気の証。 キャッシュバックなどのキャンペーンを随時行っていて、サービスも充実しています。

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに

赤帽が登録している唯一の一括見積もりサービスがLIFULL引越し。 学生さんや単身赴任などの単身で引っ越し予定がある方は、ぜひ利用していただきたい。 もちろん130社が登録しているので複数社に一括見積もりの依頼をすることができます。

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに

全国220社が登録し年間30万人が利用している、日本最大級の一括見積もりサービスのズバット。 最大10社に一括見積もりを依頼できるから、費用、内容ともに満足度が高く、「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば、面倒な住所変更の手続きを一括でできる便利なサービスを無料で提供しています。

チェックリストで予定を立てれば、引っ越しもノンストレスに